不明 アーシング線(汎用品) 不明

前車から外したアーシング線を
純正のアースポイントに割り込ませてみました。

<取り付け方法>
01. バッテリーのマイナス端子を外しておきます。
ワゴンR バッテリー マイナス1
640x480
ワゴンR バッテリー マイナス2
640x480
02. ヘッドライト下など純正のアースポイントを強化するのですが
ヘッドライトやバンパーに隠されて作業できないので
フロントグリルバンパーヘッドライトを取り外しておきます。
(取り外し方は各リンク先参照)
前準備
640x480
03. バルクヘッド(?)に直接繋げると
アーシング線のビニールの皮膜が
溶けて燃えてしまいそうなので、
鉄板にボディアースしているポイントの方に
アーシング線を割り込ませます。
バルクヘッド(?)
640x480
04. 左右のヘッドライト下の鉄板にボディアースしているポイントに
アーシング線を割り込ませます。
ヘッドライト下
640x480
05. バッテリー右辺りの鉄板からマイナス側へと繋がっているので
そこにアーシング線を割り込ませます。
ボディアース
640x480
06. バッテリーのプラス端子を外してバッテリーを取り除き
バッテリーケースを固定している3箇所のボルトを緩めて取り除きバッテリーケースを取り除くと
ギアボックス(?)からマイナス側へと繋がっているので
そこにアーシング線を割り込ませます。
ギアボックス(?)
640x480
07. エンジンケース(フタ)の左上と右下に
アーシング線を割り込ませます。
(何故かそこにやってる人が多いので)
エンジンケース(フタ)
640x480
エンジンケース(フタ)
640x480
08. 左側のヘッドライトのアースポイントから右側のバッテリーのマイナス側まで
アーシング線を戻すのには距離があるので
ターミナル(中継)をストラットのボルトに割り込ませて固定し、
ターミナルからバッテリーのマイナス側にアーシング線を戻します。
ターミナル(中継)
640x480
09. バッテリーのマイナス端子への繋ぎ方ですが、
純正のボルトは短く無理矢理繋ぐのは危険なので
エーモンのターミナルブロック(2630)にしっかりと繋いでおります。
ターミナル(中継)
640x480
09. あとはヘッドライト、バンパー、グリルを元通りに戻せば完成です。
エンジンルーム
640x480


<インプレッション>
17年式とまだ新しい方の車の所為か
ドライブフィーリングが目まぐるしく変わる!
・・・なんてことはありませんでした。(^^;;;

ボディアースの戻りの線が太くなったので
若干オーディオの鳴り方がパワフルになった感じはします。

まだ給油していないので次回の給油から
燃費の改善具合を調べます。

改善・・・されるとよいのですがねぇ。(^^;;;

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Comment(0) Trackback(0)
この記事のコメント
この記事にコメントする
お名前 メアド
URL
タイトル
コメント
文字色   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字   パスワード   
DIYにて改造(カスタム/ドレスアップ)した作業記録など
ワゴンR日記 (RSS)

ソリオ日記 (←間借り中)

購入したパーツの取り付け方法とインプレ(レビュー)

純正外装・内装パーツの取り外し方

取り付け作業の様子など

記事の検索はこちらで



ご意見・ご感想はこちらにどうぞ


 [09/08 ゆーいち]
 [09/08 池原秀貴]
 [06/10 ゆーいち]
Re:
 [06/10 ゆーいち]
 [06/09 こもチック]
無題
 [06/01 ユナイテッド]
 [04/23 ゆーいち]
 [04/23 おいら]
無題
 [03/22 名前未入力]
無題
 [10/15 名前未入力]

リンクさせてもらってるページ

 ページランク  
アクセスランキング
ABfry RANKING
乗り物
にほんブログ村 車ブログ スズキ(車)へ
趣味>車>スズキ
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ
趣味>車>軽自動車
Cyber Garage Ranking
メーカー別>スズキ
ページビューランキング
趣味>車、バイク
自動車・バイク
乗り物.com
メーカー別>スズキ